新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて政府が4月17日に発令した緊急事態宣言が5月25日に解除され2か月余が経った現在、誰もが第2波が来たと思わざるを得ない程感染が拡大している状況になっています。政府は、さらなる感染拡大防止に向けて効果的な対策を講じながら社会経済活動を進めていくと言っていますが、効果的な具体案というものが見えていないと感じるのは私だけではないと思います。
 そんな中ではありますが、当社では今年度も人材育成事業を進めています。当然ながら、新型コロナウイルスと闘いながらになりますので、各事業における育成の成果、到達点をどこまで求めるかという点が大きな課題となります。
大学などの対応策を見ると、リモート授業等様々な工夫をしているようですが、学生の反応を見聞きしている限り、学びの成果や実感を得にくい等、様々な問題が露呈しているようです。
 当社が行っている人材育成事業は、林業等の担い手のキャリアアップにつなげるためのものが多く、受講しなければ出世できない、あるいは職を失ってしまうという性格のものではないため、加えて実習や演習が重要視されることもあり、成果や効果を上げるという意味では、リモートでの対応が難しいと言わざるを得ない性格のものになります。
とは言え、新型コロナウイルスに限らず、人が密にならないかたちで効果や成果をあげられる人材育成方法を確立していく必要性が出てきているのは確かです。只々、今までのやり方で密を避けるだけの方法や対策を講じるというのではなく、根本的に視点を変えた新しい人材育成方法を考え構築していくことが必要になっているのだと思います。おそらく、そのことは業界や業種、社会人、学生に関係なく、人材育成に関わる方であれば誰もが感じていることだと思います。
 人と人が直接接することで肌感覚で学ぶということでしか得られないこともたくさんあるとは思いますが、そう思い込んできたのでは?と問われると、確かに、それ以外の学び方を積極的に模索してこなかったとも言えます。今、我々の周りにはAIやICT等新しい機能やツール、技術があふれている状況です。それらを活用した“肌感覚で学べる術”を探し出せるような気もします。
さて、それがどのようなものなのか、トライ&エラーを重ねながらにはなると思いますが、チャレンジしていきたいと思います。
コメント
コメントする